忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/18 10:02 】 |
例大祭SP頒布物

resize0099.jpg











※写真がとれておらぬので暫定で先日の作業風景

えー例大祭SP当日の頒布物ですが、前回記事の通りの3つになります。

頒布物1: ふぞろいの伊吹たち  ¥500

 写真にもある通りの伊吹瓢になります。多分20個くらい。以下の特徴があります

 ・大きさと形がどれ一つとして同じでなく、ユニーク性が非常に高い
 ・刷毛目、塗りムラ、ちぎれた筆の毛などにより更にユニークさが向上
 ・瓢箪本来の素地を生かしたデコボコな表面
 ・ギリギリまで作業していたことにより鮮度が高く、開口部から漂う腐ったヨーグルトみたいな柿渋の香り
 ・まともな光源のない暗い部屋の中ひとつひとつ手作業で仕上げた、残念なまでにシンプルな木栓(桧製)
 ・塗料三度塗、ニス五度塗
 ・実用&原作準拠という名目で房紐の代わりに巻かれたシンプルな江戸打ち組紐(大創産業製)

 見るだけでも歓迎で御座いますので、上記の特徴に何か一つでも感ずる所のある御方は、是非当スペースまで


頒布物2:加工中に伊吹瓢から出てきた廃棄物、略して伊吹の排せt(ry  ¥0
 
 千成瓢箪の種です。しっかりと熟して白く固くなった大振りの果5つから取り出したもの。
 渋抜き中に流しに落ちてた種から発芽するのを確認済み。今もすくすくとなよっちく育ってます。
 たった5つからとはいえ、大量にある上に来年は栽培するとしたならば百成と一寸豆瓢なので使い道がないため、小さな紙袋に詰めて置いときます。瓢箪の栽培に興味ある人、興味あるけど種手に入れるのに金出したくないという人、正直500円も出したくないから自分で育てるって人はどうぞご自由におとり下さい。
 一袋あたり、8(すえひろがり)×2(に)の16粒入っております。

頒布物3:フリーペーパー  ¥0

 まだ作ってないんでなんとも言えないんですけども、多分どうでもいいことがぐだぐだと書いてあります。
伊吹瓢買っても自動的に押し付けられます。
 くれぐれもこれで鼻をかんだりしないでください。ゴミになるので
 ちり紙の代わりにもしないようにお願いします。トイレが詰まるので





以上、3つでした。鋳物?コピ本?知らんなァ・・・
ただ数合わせただけだろうなんて、何をおっしゃっておられる。ハハッワロス



 

PR
【2010/09/13 20:16 】 | 同人 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<頒布物追記 | ホーム | さて>>
有り難いご意見
無題
最後の3つのうち、塗りムラを選んだ者です(ムラは指で拭いたら綺麗に消えました)

萃香好きな友人にお土産としてもって行ったらとても喜んでいました。お話されていた、お酒の入るひょうたんも発売されたら買いに行かせて頂きます。

キャラクターアイテムとしての方向性がとても好みで、今後の活動も期待してます!
【2010/10/17 10:33】| | ヒラサカ #92cb6277a2 [ 編集 ]


無題
コメントに二週間以上気づかず申し訳ない!
次回更新は例大祭申し込んだ折と決めてたので、サイト長らく放置しておりました。

作ったものを喜んでいただいて、更に返事が頂けるってのは創作サイドとしてはとても有り難いことです。全部手作業でやってて手間暇がかかっている分なおさら。

酒の入る瓢箪についてですが、今の所使えそうなサイズのものは5つしかないので、おそらく次回参加時もそれだけしか持っていけそうにありません。
先だっての例大祭SPでは開場から一時間ほどで伊吹瓢20個が完売しましたので、例大祭(に参加できたとしたら)でもそれくらいの時間で売れてしまうんではないかなと思います。
数用意できればいいんですけども、原料の確保と作業の手間考えたら20個が矢張り限界と言った所なので
【2010/11/03 20:57】| | アナムジー因幡 #526e65b520 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>